新型コロナウイルス遺伝子検査機器導入、院内検査可能に

6月18日、新型コロナウィルスの迅速遺伝子検査機器『ID NOW』を導入致しました。

『ID NOW』は米国・Abbott社製で、厚生労働省の承認を受けており、保険診療可能な診断精度が担保されております。

また、検体採取から最短13分で結果が得られるため、より早い対応を取ることが可能となり、その日のうちに、その場で患者様に結果をお伝えできます。

検査原理は等温核酸増幅法(NEAR法)で新型コロナウイルスの特異的遺伝子を増幅して検出する点ではRT-PCRと同じ核酸増幅法に分類されており、精度に関してもRT-PCR法に比べて、陽性一致率95.0%、陰性一致率97.9%と遜色なく高精度になっております。

検査にかかる費用は患者様の状態や状況により異なります。

インフルエンザ予診票のダウンロードはこちら

このページの先頭へ